So-net無料ブログ作成

真田丸 感想 3話が終わって [芸能・エンタメ]

真田丸感想がいろんなところから出ていますが、
好意的な感想が多いですね。

年が明けて、もう1月も終わりになってきましたが、
大河ドラマ「真田丸」も3話が終わりました。

3話まで観た感想などを書いてみます。


■2話で武田家滅亡

真田家を語る上でどうしても描かないといけないのが、
武田氏との関わりですが、
勝頼様は2話でお亡くなりになりました。

武田勝頼役の平岳大さんの評判はとてもよかったのですが、
武田氏滅亡は2話ぐらいがちょうどよかったと思います。


■親父がすごい

まだまだ信繁は少年で、
今は父親の真田正幸の独壇場ですね。
偉大な武将であったことは知っていましたが、
真田丸での描かれ方はとても面白いです。

草刈正雄さんが演じる真田正幸は
裏の裏の裏の裏・・・・
どこまで考えが深いんだ?と思わせる、
掴みどころの無い男で、
今では観るのが楽しみです。


■やっぱり気になる言葉使い

どうも、出演者の皆さんが話す言葉が、
現代風でなんとなく違和感を感じてしまいます。

ドラマなんだから気にしなければいいのですが、
もう少し戦国時代っぽい言葉使いにしてもらいたいです。

三谷幸喜さんだからしょうがないかなぁ・・・


というわけで、少し不満もありますが、
これからも観るのが楽しみな大河ドラマです。

戦国乱世をどのように生き延びていったのか、
真田一族の生き方を見ていきたいですね。



スポンサーリンク






タグ:感想 真田丸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FXやるなら外為どっとコム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。